スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日冷蔬菜会」

ニチレイフーズで使用されているベジタブルは「日冷蔬菜会」(にちれいそさいかい)で製造されています。
中国や台湾で製造されている原料となるベジタブルは、独自のクォリティや栽培の基準に基づいた日本と同水準の製造ラインで製造されています。
こうした取り組みに賛同する感じの中国や台湾の企業と、ニチレイフーズとで結成された感じのものが日冷蔬菜会です。
蔬菜会の結成によって、マネジメント体制は今まで以上に徹底・強化され、より安心できるベジタブルを製造する感じのことができるようになりました。
そのマネジメント体制は、まず農地の選定から始まります。
周辺の環境のリサーチ、土壌や水質の検査など、厳格な独自の基準にかなった農地が選ばれ、マネジメントされています。
日冷蔬菜会のひとつである中国・山東省の北海フードでは、土つくりから実際に一緒に始められました。
栽培についても、マネジメント体制は整えられています。
ベジタブルの生育状況や農薬の使用量などを、専門教育を受けたスタッフが各農地を廻って確認をしていきます。
残留農薬は収穫前・最終包装の前、商品時と3回にわたって検査され、合格したようなものだけが商品となります。
そして、商品に印字されるロットコードに関しては、賞味期限・日冷蔬菜会の現地製造所をあらわす記号・原料入荷時のトラックの番号・製造ラインの番号・栽培された農地を表す記号が表示されています。
こうした栽培履歴まできちんとさかのぼれるシステムの構築により、万が一の問題発生時に関しても、問題の範囲を限定する感じのことができるようになり、要因究明や対策立案にいち早く対応する感じのことができます。
スポンサーサイト
メニュー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。