スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺体の安置に関して

愛玩動物を亡くした悲しみは、大変に大きいもんですが、遺体の安置も大事なようなことです。
まず、大事なというようなことは死後硬直に留意するというようなことです。
犬や猫などは、実際、2時間程度でだいたい硬直が始まってしまいます。
硬直に関しては手足などから、実際、はじまります。
さほど長い時間姿勢を動かさずにいると、棺等に入らなくなってしまうという場合もありますので、とにかくまぶたを閉じてあげ、寝ている感じの時のように無理のない範囲で、手足を胸のほうに、実際、折り曲げてあげると良いと思われます。
次に、毛並みやあるいは、尻尾を整えて上げます。
ガーゼやタオルなどを、実際、お湯で湿らし、全身をやさしくちゃんと拭いてあげて下さい。
このとき、人のケースも起きることなんですが、口や肛門などから、実際、体液等が出てくるケースがあります。
実際に自然現象ですから、あまり慌てる必須はありません。
お終いに、場合等に安置するのです。
棺が直ぐに準備できれば良いんですが、そうでなければ、実際、ダンボールなどで十二分です。
万が一、体液が染み出すというようなことにもそなえ、愛玩動物シートやビニールを少し敷いた上に毛布やバスタオルなどを敷き、その上にきっと安置すると良いと思われます。
夏場や2、3日間程度をおいてから埋葬したいというケースならば、頭やお腹をドライアイスやあるいは、保冷剤などで冷やしてあげることが必須です。
その後、愛玩動物の脇にオモチャやおやつなどを、実際、お供えしてあげると良いと思われます。
遺体を無事安置した感じの後、葬式や埋葬をおこなう用意をするのです。
遺体の安置を含め、葬式や埋葬は愛玩動物にしてあげられるお終いのようなことです。
後悔のないよう、ちゃんと手厚く葬ってあげたいもんです。
スポンサーサイト
メニュー
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。